FC2ブログ
   
08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

菜の花は、栄養満点!!!

菜の花は、見るだけじゃなく体にも優しい食材なのです!
私もおさらいしなくっちゃ💦

■□■ ちょこっと調べ隊 第7回 菜の花の栄養について ■□■ 

菜の花はアブラナ科の、とても栄養価の高い緑黄色野菜です。
夏から秋にかけて葉、茎、根に養分を蓄えその養分をもとに冬を乗り切り、さらに早春に芽を出します。蕾には花を咲かせるための養分がぎっしり詰まっているので、この蕾ごと食べる菜の花は栄養満点なのです。


主な栄養素はβカロチン、ビタミンB1・B2・C、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維、等豊富な栄養素をバランスよく含んでいます。
菜の花に含まれるビタミンCはほうれん草の約3倍、ニラの約5倍です。
ビタミンCは白血球の働きを良くして免疫力を高め、風邪やガンの予防に役立ちます。
また、カロチンやビタミンCは、お肌を美しくする効果もあります。
βカロチンはピーマンの約5倍、カルシウムはほうれん草の約3倍。
鉄分はニラの約4倍含まれており、貧血気味の方には積極的に食べていただきたい食材です。
また体内の塩分バランスを保つカリウムも豊富で、高血圧の予防や治療中の方の食事に大変向いてます。

その他にも、わさび・大根・キャベツ等のアブラナ科の野菜に含まれる辛味成分「アリルイソチオシアネート」が菜の花にも含有し、発ガン性物質の働きを阻止して、異常をきたした細胞の増殖を抑える働きがあると言われ、ガン予防・血栓防止に役立ちます。


● 選び方
つぼみがしまっていて、花が開いていないもの、茎の切り口が瑞々しく、中まで鮮やかな緑色のものを選びましょう。中が白っぽくなっているものは鮮度が落ちています。

●調理のポイント 
豊富に含まれるビタミンCは、水溶性ですので、茹ですぎたり、水にさらし過ぎないようにしてください。油で手早く炒めるなど、油脂と一緒に食べることでカロチンの吸収率を高めることができます。和え物、煮びたし、吸い物、炒め物など、ちょっとほろ苦い春の味は様々な調理法で楽しめます。

● 保存法
その日のうちに食べないものは、湿らせた新聞紙かキッチンペーパーに包んで、冷蔵庫の野菜室に保管すれば2~3日は日持ちします。さっとゆでたものをラップにくるんで冷凍すると長期間保存可能です。


最近ではハウス栽培により年中あらゆる食材を手にすることができますが、春先に出回る菜の花のような春野菜は四季の中でも一番栄養価が高く、季節も感じることができる野菜です。春の香りを堪能しながら栄養価の高い菜の花をたっぷりと摂りましょう。

(インターネットより抜粋)

■□■ ■□■ ■□■ ■□■

ご訪問ありがとうございました🌼
おもてなし処 龍宮之宿 公式HP
  宿泊プラン一覧画面へ
  よくある質問へ
スポンサーサイト

Comment

Secre

ご訪問ありがとうございます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ご訪問ありがとうございます。

伊良湖岬(愛知県)の宿です。

公式HPは、
http://www.ryugu.org
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

『龍宮之宿』ブログ QRコード

QR